不景気を生き抜くために

自分が見つけた小遣い稼ぎと資産運用を記事にしています。

【中国】恒大集団が破綻すると、どうなるのか【バブル】

恒大集団の破綻するのではないかとニュースになっています。

 

その懸念のせいか、NYダウと日経平均が下落しました。

 

中国版リーマンショックが起きるとも言われています。

 

そこで、破綻するとどうなるのか調べて記事にしてみました。

 

f:id:how-to-earn:20210921100533j:plain

 

以下の内容で説明します。

 

 

なぜ破綻すると言われているのか

恒大集団が破綻すると言われている理由が、多額の債務です。

 

債務が大きすぎて、近々、債務不履行(デフォルト)が発生する可能性が高いとのこと。

 

日本円で約33兆円の負債とも言われています。

 

債務を返済しようにも、本業の不動産業の利益は伸びず、コロナウィルスの影響や政府の不動産価格の抑制策により、難しい状況です。

 

また、中国国家主席の習近平さんの思想により、実体を伴わない業界に対して、冷遇する流れとなっていることから中国政府が助けてくれない可能性があります。

 

どのような影響があるか

破綻した場合について、情報を提供している企業、ニュースなどから、以下のような意見がありました。

 

※私見でまとめています。情報の誤りがある場合がありますので、ご了承ください。

 

  • 破綻した場合、関連業界や企業に少なからず影響があるが、中国経済や中国株式市場への影響は限定的である
  • 銀行ではなく不動産開発企業のため、破綻しても、リーマンショックのような大混乱をもたらすことはない

 

上記の内容を見ると、大した影響ないんだなと思いましたが、全世界の株式・債券に影響すると説明をしている動画がありました。

 

以下の動画になります。

 


www.youtube.com

 

動画の最後らへんで、株式市場で10%程度の調整が入る可能性があると発言しています。

 

予想を聞いた限りでは、リーマンショックほどではなさそうですね。

 

Twitterの興味深い発言

今後の影響とずれますが、恒大集団について、興味深い発言があったので、紹介します。

 

 

三井不動産は、日本の不動産業業界の売上高ランキング1位なのですが、それが4つも倒産すると考えると、規模の大きさが感じられます。

 

中国の不動産業界は、現在の中国経済を大きく後押ししたと思うのですが、それほど大きな会社が1社ぐらい潰れても影響がないほど、経済が大きくなったとも言えます。

 

まとめ

今回の記事のまとめです。

 

  • 中国大手不動産会社、恒大集団が破綻する可能性がある
  • 恒大集団が助かる可能性は低い
  • リーマンショックほどの影響がないと考えられる意見が多い

 

正直、コロナウィルスショックの時のように、NYダウが1,000ドル以上の下落が連発していたときに比べたら、そこまで恐怖を感じる必要がないように思えます。

 

ただ、不安を感じるのであれば、アセットアロケーションの見直しや、現金化を行ってもいいかもしれません。

 

以前、不景気になった時の対処砲を記事にしたので、紹介させていただきます。

 

survive-depression.net

 

感想

今のところ、短期的な下落のみと考えるべきなのかなと思いました。

 

ただ、長期的な目線で考えると、中国国家主席の習近平さんの今後の動向のほうが、中国経済、全世界の経済に影響すると思います。

 

習近平思想教育の小学校で開始したことや、貧富の格差の是正に向けて行動しているなど、経済に重点を置いた鄧小平理論とは別路線、「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想」に大きく舵を切ったように思います。

 

そうなると、以前のようにインバウンド効果、中国企業の投資、中国人の消費は低迷するため、全世界の経済に影響すると思います。

 

以上です。また気になるニュースがあれば、記事にします。