不景気を生き抜くために

自分が見つけた小遣い稼ぎと資産運用を記事にしています。

【YouTube】撮影の費用が少なくする方法 3選

前回、行う副業にYouTubeを追加しました。

 

しかし、撮影費用が大きいとためらってしまいます。

 

そこで、撮影費用が少なくする方法を検討してみました。

 

f:id:how-to-earn:20210126202511j:plain

 

 

拙い内容ですが、読んでいただけると幸いです。

 

以下の内容で説明します。

 

 

スマホのみで撮影・編集

スマートフォンで撮影して、動画編集まで行い、YouTubeに動画を上げることができます。

 

ジャンルは制限されますが、トークだけに絞れば、その日からYouTubeに動画を上げれます。

 

YouTubeのアプリをインストールし、カメラで撮影した動画を編集できます。

 

ライブ配信もそのまま行えます。

 

そのため、初期費用はスマートフォンを持っていない人以外は0円から始められます。

 

とりあえず始めたい人にオススメです。

 

ゲーミングPCを自作で作成する

最近では当たり前となった、ゲーム配信で使用するパソコンを自作することです。

 

FPSなどのジャンルのゲームが流行り始めてから、ゲーミングPCを買う人が多くなったと思います。

 

しかし、高い性能が必要となるゲームや、動画撮影、ライブ配信を行うために、どうしても高額になりがちです。

 

そこで、自分でパソコンのパーツを買い、組み上げると、うまく行けば1~2万円ほど安くなります。

 

パソコンショップや家電量販店で買っても、そこまで差がないのではと考える方も多いと思いますが、実際に差があります。

 

理由としては、人件費が不要になることと、パソコンのパーツが選べるためです。

 

人件費は、パソコンの組み上げで掛かってきます。

 

しかし、パソコンの組み上げはプラモデルの制作よりも楽なので、自分で組み上げた方がお得です。

 

パソコンのパーツについては、同じ性能を持っている製品同士でも、メーカーによって値段が異なることがあります。

 

また、一度パソコンを組み上げたりすると、次のパソコンを組み上げる際に、今まで使っていたパソコンのパーツが流用することなど、費用を抑える方法があります。

 

ゲーム配信や凝った動画編集をしたい方は、検討してみてください。

 

撮影環境をレンタルする

こちらは法人の方や投稿間隔が長い方にオススメの方法です。

 

YouTubeがここまで流行った現在では、YouTubeの撮影、配信環境がいくつかの会社からサービスの提供が行われています。

 

まだ大手の会社や有名な会社も少ないため、提供されているサービスの値段が、まばらです。

 

しかし、パソコンやカメラを新しく購入するよりも、だいぶ安上がりになります。

 

私見ですが、ほとんどが1日1万円程度、それ以下の金額で済んでいるため、数十万円も掛けて環境を整備することに比べたら、だいぶ安くなります。

 

まとめ

ジャンルによって、費用が変わりますが、実写であれば、スマートフォンかレンタルした機材で済ますことができます。

 

まず何でもいいから配信したいという方は、実写から行い、配信したいジャンルがあれれば、自作するか再利用することをオススメします。

 

以上です。