不景気を生き抜くために

自分が見つけた小遣い稼ぎと資産運用を記事にしています。

【レバレッジ】どのような投資信託があるか

前回、ポイント投資にレバレッジ銘柄を追加することを決定しました。

 

そこで、どのような銘柄があるか簡単に調査してみました。

 

f:id:how-to-earn:20210102221542j:plain

 

調査した結果を、以下の内容で説明します。

 

 

独自で調べて、有名だと考えられる投資信託に絞っています。

 

※2021年1月2日時点の自己調べのため、参考程度に読んでいただけると幸いです。

 

iFreeレバレッジ NASDAQ100

大和アセットマネジメントから販売されている投資信託です。

 

この投資信託は、NASDAQ100指数の2倍程度の値動きを目指すように投資します。

 

NASDAQ100指数とは、米国ナスダック市場に上場している非金融企業の時価総額上位100銘柄を、時価総額加重平均によって算出された指数です。

 

iFreeレバレッジの中では、時価総額は一番高い投資信託となっています。

 

現在、分配金はありません。

 

以下のリンクから詳細を見ることが出来ます。

 

www.daiwa-am.co.jp

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド

楽天投信投資顧問株式会社から販売されている投資信託です。

 

米国株式に90%、米国債券に270%の割合で投資します。

 

合計で360%となっており、100%を超えています。

 

これはレバレッジを掛けることで、実現しています。

 

現在、分配金はありません。

 

以下のリンクから詳細を見ることが出来ます。

 

www.rakuten-toushin.co.jp

 

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)

日興アセットマネジメントから販売されている投資信託です。

 

株式に60%、REITに40%、債券に200%の割合で投資します。

 

レバレッジを掛けて合計300%になるように投資しています。

 

この投資信託は、米国や国内など1つの国ではなく、世界全体に分散して投資します。

 

現在、分配金はありません。しかし、以下の投資信託では隔月で分配しています。

 

グローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型)

 

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の詳細については、以下のリンクからご確認ください。

 

www.nikkoam.com

 

比較してみた

上記の3つの投資信託を元に、過去のデータから値動きを比較してみました。

 

投資信託の開始日が2019年11月5日となっている楽天・米国レバレッジバランス・ファンドに合わせて算出しました。

 

短い期間のため、参考程度にしていただけると幸いです。

 

f:id:how-to-earn:20210103181316j:plain

 

上記の画像から、米国株式にのみ投資しているiFreeレバレッジ NASDAQ100が基準価額の変動が大きいように見受けられます。

 

私見ですが、リターンも大きいですが、値動きにストレスを感じてしまう可能性もあります。

 

他の2つについてですが、債券重視となっている投資信託のためか、値動きが小さいです。

 

違いとして、投資先が米国か世界全体かの違いがあります。

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンドは、米国のみに絞っていることによって、リターンが勝っている形になっているように見受けられます。

 

感想

レバレッジ型はどの投資信託でも、大きい値動きすると思っていましたが、債券重視であれば、そこまで大きく動かないんだなと関心を持ちました。

 

債券重視であれば、値動きが小さく、リターンも1年で大きく得られるように見受けられたため、

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンドかグローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)、似たような投資信託に投資しようと思います。

 

以上です。また見えていただけると幸いです。