不景気を生き抜くために

自分が見つけた小遣い稼ぎと資産運用を記事にしています。

LINE証券のメリット【3選】

先日開設したLINE証券について、感じたメリットについて、まとめてみました。

 

f:id:how-to-earn:20200820215448j:plain

 

以下の内容でメリットを説明します。

 

 

相対取引

LINE証券の特徴でもある相対取引というものがあります。

 

相対取引とは、FXの取引のようにスプレッドを用いて取引します。

 

スプレッドとは、買値と売値の差を表します。

 

通常の取引だと、取引時に手数料を取ります。

 

しかし、相対取引では、手数料を取らずに、買値と売値の差額を設け、その差額を取引コストとして上乗せします。

 

表で、例を記載してみました。

 

f:id:how-to-earn:20200820210728j:plain

 

上記の表では、株価が変動していませんが、通常の株価に対してスプレッドの額だけ変動します。

 

言い換えれば、例の場合は、1株あたり1回の手数料が2円で済むということです。

 

スプレッドについては、LINE証券の情報を改めてご確認いただけると幸いです。

 

通常の100株で購入する場合は、他の証券会社と同様に、現物取引もできます。

 

現物取引の場合、LINE証券では、買付手数料が無料です。

 

銘柄の情報が見やすい

LINEアプリから銘柄の情報が見れるのですが、とても見やすいです。

 

LINEアプリから、特定の銘柄を選択すると、1つのページに必要な情報がまとめられてます。

 

市場情報から企業の概要、アナリスト評価、業績などがうまくまとめられてます。

 

情報を探し回る必要はないです。

 

株のタイムセール

LINE証券では、株のタイムセールというものがあります。

 

不定期とのことですが、最大で7%OFFで、対象銘柄が最大5株まで買えるとのことです。

 

上限株数に達し次第終了するとのことで、予めお金を入金し、タイムセールが開始したら、直ぐ取引する必要がありそうです。

 

前日から株価が7%以上下落しない限り、利益出ると考えたら、かなり得な気がします。

 

参加条件があるとのことで、事前に確認は必要です。

 

まとめ

ポイント投資しか意識せず、LINE証券の口座を開設しましたが、割とメリットが大きいですね。

 

タイムセールに備えて、いくらか入金しようと思います。

 

以上です。参考になれば幸いです。