不景気を生き抜くために

自分が見つけた小遣い稼ぎと資産運用を記事にしています。

Web小説で稼げるサイト3選+α

Web小説で稼げるサービス、サイトがないか気になったので調べました。

 

学生時代、ライトノベルが好きで読んでいたのですが、小説を書いて稼げないかと思っていました。

 

f:id:how-to-earn:20200711202815j:plain

 

そのことを思い出し、調べた次第です。

 

調べた結果を以下の順で説明します。

 

 

アルファポリス

アルファポリスでは、投稿インセンティブというものがあり、投稿した小説または漫画の人気度に応じてスコアを貰うというサービスです。

 

貯めたスコアは、ギフト券や銀行振り込みによる現金の取得が可能です。

 

どのようにして人気度を決めているかまでは判断できませんでしたが、閲覧数やお気に入り登録の数などが関係していると考えられます。

 

また24hポイントという作品の閲覧数で得られるポイントがあるのですが、1,500ポイント貯まると、何と書籍化もできるとのことです。

 

www.alphapolis.co.jp

 

カクヨム 

株式会社KADOKAWAが運営するサイトです。

 

前からあるWeb小説投稿サイトですが、2019年10月から、カクヨムアルファポリスと同様にインセンティブを受け取れるようになりました。

 

カクヨムロイヤルティプログラムというもので、作品に広告を載せて、閲覧数や文字数などを考慮してスコアを付けます。

 

そのスコアを元に、収益を決めるようです。

 

kakuyomu.jp

 

ノベルバ

こちらも閲覧数に応じて収益が貰えます。

 

ノベルバ報酬プログラムというサービスです。1PV/0.1円と明確になっています。

 

ノベルバに乗っている人気作品は、書籍化や漫画化をしていますね。

 

書籍化した作品は、「投稿作品」から「商業作品」と表記が変わるみたいです。

 

また、以下のような記述がありました。

報酬プログラム → ポイントに変換

 報酬プログラムで得た金額を、ラノベ電子書籍)の有料エピソードを閲覧するために必要なポイントと交換できるサービスを予定しています。

引用:作者の皆様へお知らせ | 小説投稿サイトのノベルバ

 

電子書籍ではありますが、今後は、より書籍化のチャンスが増えるかもしれません。

 

novelba.com

 

note

最近人気のあるnoteです。

 

小説投稿サイトではありませんが、色々投稿できるnoteだからこその稼ぎ方もあります。

 

他のサービスと異なりますが、小説を有料記事にして販売することが出来ます。

 

審査に通る必要がありますが、定期購読マガジンにして、毎月購読してもらえれば一人あたり、決まった額が貰えます。

 

note.com

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

昔と違い、プロデビューしていない人でも小説で稼げるサービスが増えました。

 

少しでも文章に自信がある方には、オススメです。

 

私自身、書くかは分かりませんが、始めたら報告したいと思います。

 

以上です。参考になれば幸いです。