不景気を生き抜くために

自分が見つけた小遣い稼ぎと資産運用を記事にしています。

米国株に投資する際に得するには

今、コロナショックと黒人差別の問題、そして以下の記事で上げた問題と色々大きな課題があります。

 

how-to-apply.hatenablog.com

 

ですが、過去の実績を考えると米国株は魅力があります。

 

そこで、米国株に投資する際に、どのように投資すれば得するか調べてみました。

 

f:id:how-to-earn:20200706223842j:plain

 

調べた結果、以下のような方法がありました。

 

 

※あくまで個人の調査、考えです。参考程度に見ていってください。投資は自己責任でお願いいたします。

 

SBI銀行の外貨預金を経由

表題だけみると何のことか分かりにくいですが、SBI銀行で外貨預金、ドルで貯蓄し、米国株を買うと為替手数料が安くなります。

 

SBI銀行で貯蓄したドルは、SBI証券の外国株の取引に使用することができます。

 

SBI証券で円をドルに換金して購入してしまうと、1ドルあたり25銭ほど取られますが、SBI銀行だと普通預金で4銭、定期預金で2銭と安くなります。

 

外国株取引では、日本株を買うより手数料が高くなってしまう傾向があるので、活用したいですね。

 

買付手数料無料の銘柄を買う

いくつかの証券会社は、米国ETFの特定の銘柄を、買付手数料無料にしています。

 

例として、SBI証券の現時点(2020年7月6日時点)の無料となっている銘柄が以下の通りとなっています。

 

  • バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)
  • バンガード S&P 500 ETF(VOO)
  • バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)
  • iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)
  • SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY
  • ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
  • ウィズダムツリー米国株高配当ファンド(DHS)
  • ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド(DLN)
  • ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長(DGRW)
引用:SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA
(最終閲覧日:2020年7月6日)

 

主に米国株のインデックス系のETFが中心となっています。

 

他の証券会社は確認できていませんが、気に入ったETFを取り扱っている証券会社があれば、その会社から購入した方が得かもしれません。 

 

外貨建てで買う

外国株は、外貨建てか円建てで購入することができます。

 

何が違うかというと、外貨で買うか、円で買うかの違いです。

 

例えば、米国株をドルで買う場合、そのまま購入し、売却してもドルで帰ってきます。

 

しかし、円建てだと、一度ドルに換金してから米国株を購入し、売却時は、円に換金されてから受け取ります。

 

円建ての場合、自動で円に換金してくれますが、取引するたびに、為替手数料が取られてしまいます。

 

売買のたびに1ドルあたり25銭取られるので、ドル建てに比べて、かなり手数料が取られてしまいます。

 

また、円建ての場合、配当金も円に換金されるため、手数料が取られてしまいます。

 

そのため、外国株に投資する場合、短期や長期、配当金目的でも、ドル建てが圧倒的に有利です。

 

まとめ

いかがでしょうか。調べてみたら、色々と安くする方法があるのですね。

 

前までは、手数料が高くて、少しハードルが高いように感じていました。

 

判断は難しいですが、今回の調査を参考に、今後、機会があれば米国株またはETFに投資する予定です。

 

また得する情報があれば、記事にします。

 

以上です。今回の記事が参考になれば、幸いです。