不景気を生き抜くために

自分が見つけた小遣い稼ぎと資産運用を記事にしています。

貯金をより多く貯めるには

不景気を生き抜くためには、貯金は欠かせません。

 

私にとっても、生涯独身の身ですから貯金以外頼ることができません。

 

しかし、貯めようと思っても、中々貯まらないのが貯金です。

 

f:id:how-to-earn:20200701224042j:plain

 

そこで、どうやったら多く貯金できるか考え、私が効果があると思ったものをまとめてみました。

 

 

あくまで個人的な考えで、独身者向けのため、参考程度に見ていただければ幸いです。

 

実家暮らし

最近では、「こどおじ」という言葉が出てきましたが、やはり家賃が必要のない状況、生活費が抑えられる状況は大きいです。

 

自立出来てない!思ってしまうかもしれませんが、将来十分な資金もなく、老後を迎えてしまうよりはいいのではないでしょうか。

 

地域によって、家賃の平均は異なりますが、その分の金額がそのまま毎月貯金できると思えば、相当でかいと思います。

 

こどおじの私ですが、現在は毎月5万程度の貯金が出来ています。

 

ストレスとしては、親の期待くらいでしょうか。

 

疑似貧乏生活

定額預金を行います。定額自動入金や自動積立定額貯金など、自動的に貯金用の口座に振込むサービスを利用します。

 

「自分はこれだけしか給料をもらっていないんだ!」と思って生活すれば、勝手にお金が貯まります。

 

私も20代前半の時にやっていましたが、ストレスが大きいので止めました。

 

ただ、経験上、確かに貯金は貯まります。 

 

安月給でも、毎月7~10万円ほど貯まりました。

 

ボーナスも全額貯金していたので、年間100万円以上貯まってました。

 

小銭を全て貯金

無理にでも札を使って、小銭を全て貯金箱に入れます。

 

例え缶コーヒー、おにぎり1個でも札を使います。

 

9割使ったとしても、1割ほど貯金できます。

 

残ったお金を全て貯金箱に入れてしまうため、お金を使うにも慎重になれます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回の3つの方法を見て分かるように、どれだけ使わないかが重要となっています。

 

もちろん高収入であれば、ここまでしなくてもいいと思いますが、稼ぎがあれば使ってしまうのが人だと思っています。

 

もし今貯金がないと思う人、今回の3つの方法が参考になれば幸いです。