不景気を生き抜くために

自分が見つけた小遣い稼ぎと資産運用を記事にしています。

不動産投資を少額で出来ないか調べてみた

個人的ですが、不労所得って魅力的だと思います。

 

働かずに収入が入ればと考えてしまいます。

 

そこで、不労所得で代表的な不動産投資について気になりました。

 

理由として、資金があれば出来るんじゃないか、大きな収入が得られるのではないかと考えたためです。

 

しかし、不動産投資と聞くと、必要な資金が大きく、手が出にくいと思ます。

 

そこで、少額で出来る不動産投資はないか調べてみました。

 

f:id:how-to-earn:20200617203112j:plain

 

私の調べた結果、以下の3つがありました。

 

 

※あくまで個人で調べた内容です。薦めているわけではありません。投資する場合は自己責任でお願いします。

 

順に説明します。

 

REIT

REIT(リート)とは、簡単に述べると、不動産投資信託です。

 

投資家からお金を集めて不動産を売買、賃料収入を得て、投資家に利益を分配します。

 

個人で家やアパート、マンションを購入したり、管理、売買をする必要はありません。

 

種類によりますが、東証に上がっているものであれば、数万円程度から100万円以下の間で購入できる銘柄が多いです。

 

REITは株のように、価格が変動します。

 

REIT投資信託

分かりにくいですが、こちらはREIT東証REIT指数に投資する投資信託です。

 

東証REIT指数とは、東証に上場しているREITの全銘柄を時価総額で加重平均で出した指数になります。

 

東証REIT指数投資信託は、東証REIT指数と連動するようにREITに投資し、その投資で得た利益を投資家に配分します。

 

REITよりも価格はさらに安い傾向です。

 

投資信託のため、他の投資信託と同様に価格が変動します。

 

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、立案者が個人から資金を調達する方法です。

 

調達した資金で、資金の提供者には何かしらの見返りを渡します。

 

不動産投資を行うクラウドファンディングでは、個人から資金を調達し、不動産を売買、運営益を個人に分配することが多いです。

 

不動産投資を行うクラウドファンディングでは、1口1万円から行っている会社があるため、最低でも1万円程度から始められます。

 

REITREIT投資信託と異なり、価格変動はありません。

 

ただし、運営している会社が不祥事、破産など問題が発生すれば、投資した資金がなくなるなどのリスクがあります。

 

まとめ

資金が少ない場合、投資家から資金を集う投資信託クラウドファンディングなど、プロに任せる方法が中心となります。

 

今後、不動産の価値が上がる、安定した収益が得られると思ったとき、少ない資金で始められるのは嬉しいですね。

 

以上です。投資の参考になれば幸いです。