不景気を生き抜くために

自分が見つけた小遣い稼ぎと資産運用を記事にしています。

ドルコスト平均法は効果があるのか

投資でよく耳にするドルコスト平均法ですが、実際に効果があるのか検証します。

 

f:id:how-to-earn:20200519233847j:plain

 

ドルコスト平均法とは、特定の金融商品を、一度にまとめて買うのではなく、一定の金額で分割して、定期的に買う方法です。

 

高騰した値段で購入することを避けられることができ、購入し続けた期間の平均か、それ以下の価格に抑えらえるというものです。

 

以下の3点の価格変動を対象とし、一括投資とドルコスト平均法で購入した場合の比較を行います。

 

  • 上がり続ける場合
  • 上下する場合
  • 下がり続ける場合

 

あくまで机上のため、実際の相場とは大きく異なります。

 

参考程度に読んでみてください。

 

開始価格は10円、価格変動は10%で行っています。

 

一括投資は最初に100,000円分購入、ドルコスト平均法は1回、10,000円分購入を10回行います。

 

表が表示されますが、価格変動と価格以外は小数点切り捨てで、計算しています。

 

上がり続ける場合

まずは上がり続けた場合、以下の表のとおりになります。

 

タップまたはクリックすると拡大します。

 

f:id:how-to-earn:20200520004137j:plain

 

 比較すると、一括投資が有利です。複利の大きさと購入時の金額が影響しています。

 

利益率だと、約76.5%と大きな差があります。

 

上下する場合

今度は価格変動が上下する場合です。

 

表は2枚にしました。最後の価格変動がプラス、マイナスの違いです。

 

最後の回がプラスの場合

 

f:id:how-to-earn:20200520005012j:plain

 

最後の回がマイナスの場合

 

f:id:how-to-earn:20200520005153j:plain

 

上下すると、最後がプラスの場合、約2,500円くらいの差しかありません。

 

最後がマイナスの場合も、約7,000円くらいの差しかありません。

 

しかし、プラスとマイナスの利益を比較すると、ドルコスト平均法は差が少なくなり、損失は抑えることが期待できます。

 

下がり続ける場合

最後に下がり続ける場合です。

 

f:id:how-to-earn:20200520005842j:plain

 

比較すると、ドルコスト平均法が有利です。


上がり続ける場合ほどではありませんが、利益の差が大きいです。

 

利益率だと、約26.4%になります。

 

まとめ

単純な検証となりましたが、ドルコスト平均法は十分な効果があります。

 

少しでもリスクを抑えたいという方にオススメです。

 

相場を読めるという人であれば、ドルコスト平均は不要で、一括投資で大きな利益を得られますが、プロの投資家でも難しいので、オススメできません。

 

今回の検証で、ドルコスト平均法の効果を感じていただければ幸いです。