不景気を生き抜くために

自分が見つけた小遣い稼ぎと資産運用を記事にしています。

【副業】公募で稼ぐことができるか

俳句や川柳、標語、小説などの公募で儲けることが出来るのか。

 

当選すれば大金貰える可能性はあります。

 

副業の導入としてはいいと思い、紹介します。

 

f:id:how-to-earn:20200515210353j:plain

 

実は、私も何度か応募して、賞金をいただいたことがあります。

 

そこで、気になる方もいらっしゃると思いますので、体験談をまとめて記事にしてみました。

 

 以下の3点でまとめました。

 

 

順に説明します。

 

個人の体験談のため、参考程度で読んでみてください。

 

送るだけの懸賞より、応募者が少ない

誰でも個人情報を入れて、応募するだけの懸賞だと、数十万、数百万口もの数の応募があったりします。

 

公募の場合、作品を作る必要があるため、人数が送るだけの応募よりも数が少なくなります。

 

金額の大きさや作品の難しさ、知名度によって上下しますが、10万円の賞金や高額商品で、俳句や川柳であれば、多くても数万くらいの応募があります。

 

運がいいと1万を切るくらいの応募で済むこともあります。

 

最優秀賞やグランプリを取れば、賞金がでかい 

賞金は送るだけの応募よりも、金額が高くなるケースが多いです。

 

理由として、本の掲載やポスターの広告に使用されるなど、売り上げの向上や宣伝効果があるためだと考えられます。

 

小説では、賞金だけではなく、小説の連載されることも考えれるため、継続した利益に繋がります。

 

腕次第で生活も可能になる

公募は金額が大きいため、人によっては公募だけで月数十万稼ぐ人がいます。

 

生活の足しどころか、うまく行けば本業になるほどです。

 

小説で当選すれば、そのまま小説家になるケースが多く、副業で続けることが出来ます。

 

公募で使えるサイト

自分が公募で使用しているサイトを紹介いたします。

 

www7b.biglobe.ne.jp

 

この川柳三昧というサイトでは、現在開催されている川柳の公募を、一覧で確認することが出来ます。

 

締め切りや賞品、応募方法などを確認することが出来き、とても便利です。

 

compe.japandesign.ne.jp

 

こちらのサイトは、数多くのコンテストの紹介を行っています。

 

各コンテストの詳細が記載されており、素早く情報を得ることが出来ます。

 

また、ニュースや特集も連載されています。

 

まとめ

タイトルで、「公募で稼ぐことはできるか」と疑問形で書きましたが、稼ぐことはできます。

 

私も片手間程度にやっていましたが、数年前に川柳で初めて当選して、3万円程度振り込まれました。

 

表彰式の開催地が遠く、出席できませんでしたが、有名な芸能人の方が出席されていたため、儲け以外のメリットもあります。

 

うまく行けばプロデビューもできますので、心強い副業になります。

 

今まで公募をしたことないという人は、ぜひやってみてください。